当方、ガンダムウォーネグザのブログになります。※更新不定期
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 蒼穹のファフナーを見直してみた
2011年01月12日 (水) | 編集 |
一昨日、昨日で蒼穹のファフナー全話見直してました
やっぱ何度見てもいいですねー。
特に脚本が冲方丁一人になった16話以降は特にテンポがいい!
一騎と総士のぎこちないやりとりとか、剣司の成長、カノンの性格の変化と決意など、演出が本当に上手いです

あと、見直してると伏線とかだいぶ分かってきて面白いですね
特に個々のパイロットの天才因子の話とかいいです

真矢が洞察力に優れているから一騎の心理をよく見抜いてるとか、
総士が並列思考が可能だから唯一ジークフリードシステムを使えるとか、照れたら「何だ!」って言う所とか
翔子の想像力が高い点は一騎との会話で「自分が~にいるって想像してる」って会話や初回のファフナー搭乗ながら上手く乗れるところとか、
甲洋は驚異的な記憶力を持っているから周りの人間に疑心暗鬼になって当たっちゃったりする所とか、
剣司は直観力に優れているから意外とフェストゥムの撃破率が高かったり、一騎とのババ抜きでちゃんと勝ってたり、
会議室でフェストゥム襲来の話になったときに、衛が直したラジオでフェストゥム襲来を招いたから、親父であるたもっさんは気まずくなって突然話をさえぎったりとか・・・
必要なところも余計なところも、とにかく伏線が多いwww
本当に見どころ盛り沢山な作品です^^

ただ、個人的に引っかかってることが、事前に知識を仕入れていないと、もしくは何回か見ないと話の全容が理解できない作品を果たして名作と呼んでいいのか?って話
もちろん名作と呼ぶにふさわしいんでしょうけど、エンターテイメント作品として視聴者にそこまで要求するっていうのは、作品として未完成なんじゃないかなーとか思ったり思わなかったり・・・
ファフナーに限らず、00の評価に「なにあのクソ作品」って言ってる人のコメントとか見てても特に思います
劇場版とかめちゃくちゃいい作品なんですけどねー
ファフナーと同じくして視聴者に負担を強いるのが・・・なんとも言えませんね><;
ちゃんと見ないとつまらない訳で、あまり他人にも勧めにくいという・・・orz

うん、なんか最近完全にファフナーブログになってますねwww
ガンダムウォーってどこ行ったんですかね^^
何だったんでしょうね^^;

・・・ガンダムウォー関連の記事に期待してる方は本当にすいませんm(_ _)m
なるべくちょくちょく書いていくようにします^^;

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。